放射線治療でがんを治す|最新技術を使った療法を大公開

初期から重度まで使える

病院

放射線治療はがんが進行していて手術ができないような患者に対しても行うことができます。また、患者自身の希望によって手術が選択されない場合に行われることもあります。放射線治療は手術と違って事前の麻酔なども必要なく、もちろん痛みもありません。また、いろいろな種類のがんに対して行うことができます。放射線治療が適しているがんには、前立腺がんや子宮頸がん、肺がん、肝臓がん、頭部にできた腫瘍などがあります。頭部などは特に手術によって神経を傷つけると重大な結果を引き起こす可能性がある部位なので、放射線治療は安全性の高い方法として重宝されています。また、悪性リンパ腫なども放射線治療によって治療することができます。

放射線治療にはいろいろな種類があります。まず、放射線の使い方にも複数のやり方があります。そのひとつは放射線を体内から効かせる方法で、もうひとつは普通に身体の外から放射線を照射するという方法です。前者は内部照射と呼ばれる方法で、放射線物質を入れたカプセルを体内に入れるという放射線治療になります。身体の外から放射線を当てる場合でも、その当て方にはいくつかの方法があります。乳がんの外科手術の後には、何回かに分けて放射線を当てるという方法がとられます。前立腺がんなどの場合には、非常に誤差を少なくして患部に集中的に放射線を照射する治療法がよく用いられます。放射線治療に使われる放射線には、X線やガンマ線のほか、電子線や重粒子線などがあります。

よく知られている治療手段

カウンセリング

症状によりますが、他の治療方法と併用して放射線治療が使われることがあります。現在ではチーム医療が増えていますので、病院を選ぶ際は医師に関する情報も確認しておくとよいです。放射線治療ならば、臓器を残せるだけではなく日常生活を続けやすいです。

Read