放射線治療でがんを治す|最新技術を使った療法を大公開

値の改善方法

診察

放射線治療はがんの治療で選択される治療法の一つです。治療中には気をつけておいたことが良い事や知っておいた方が良いことが色々とあります。まず、治療中の部位は刺激に弱くなっているので、特に直射日光に当てないように注意することが必要です。また、疲れやすくなっているので、過度の運動は避けましょう。放射線治療を受けると、何らかの副作用が出る場合がありますが、一方で全く副作用が出ない場合もあります。放射線治療はがん細胞と一緒に正常な細胞も攻撃しますが、受けるダメージは必ずしも同じではありません。そのため、副作用が全く出ていないからと言って、治療の効果が全くないというわけではないのです。最近では技術の進歩により、以前より副作用が出にくくなっています。

医師は最適な治療法を選択していると考えがちですが、実は最適な選択ではなく、もっとも自分が得意な治療法を薦めているのです。例えば、本来なら放射線治療で十分治療できるがんなのにその病院の放射線治療の技術が優れていないために手術で除去することになるという事もあります。放射線治療で治療できれば臓器の機能も失われることも無いのですから、放射線治療の技術が優れている病院の診察を受けることも大切です。特に放射線腫瘍医が居る病院は放射線治療の施術が優れているため人気があります。最近の放射線治療の治療能力は種々とあまり変わらないくらいにまで進歩しています。口コミなどを見れば人気の病院はすぐに見つかるので、根気よく自分に合った病院を探すことが大切です。