放射線治療でがんを治す|最新技術を使った療法を大公開

治療の利点と欠点を知る

シニア女性と看護師

ガンになった時には

日本人がかかる病気でトップスリーに入っているのがガンで、昔は不治の病と言われていましたが、医療技術が進歩した昨今では治すことが難しくなくなっています。完治することも可能になっていて、そのためのもっとも最適な方法が放射線治療になります。これは放射線を使ってガン細胞を死滅させていくので、健康な肉体に負担をかけることが少なく、それでいてしっかりと細胞を消すことができるので転移の可能性も低くなります。ガンで厄介なのはひとつでも残っていると転移して増えていってしまうことで、再発に怯える人も少なくありません。それゆえ手術と違って肉体に負担をかけず、それでいて将来的な不安も少ない放射線治療は有効な方法になります。

自分の気持ちが大事

ただ放射線治療のデメリットとして費用がかかることがあって、一度の照射でもかなりの金額がかかり、ガン細胞が大きい、数が多いと治療費が莫大な額になってしまいます。こういったことから有効であっても選べない人もいて、メリットとデメリットをしっかりと知ることが治療の際には必要となってきます。ガンを完治して健康になるのは素晴らしいことですが、その後の生活や治療費のことも考える必要があって、若者の場合は放射線治療は有効ですが、老人の場合はデメリットも考える必要が出てくるでしょう。ただガンになっても完治する可能性があること、治療の方法が複数あって選べることを知るのは良いことです。自分にとって最適な方法を選ぶのが良く、先を考えることが大切になります。